ストレスフリーな生活が肌の若返りを作っていく

 

ストレスを受けるとどうして肌が老けていくの?

 

ストレスを感じにくい人は、感じやすい人と比べて10歳も20歳も若く見えるものです。

 

よくテレビなどのインタビューで実年齢よりも若く見える人は、フリーターやニートなどと揶揄される対象となりますが、それはストレスをあまり受けずに生きてきた証拠なのかもしれません。

 

30歳を過ぎても、またや40歳を過ぎても、幼く見えるという人は多いように感じます。

 

どこか子供っぽい顔というか、幼い顔というか、そのような印象を受けてしまいます。

 

これは世の中では批判をされてしまうことかもしれませんが、ただ若返りということから考えると注目したい部分です。

 

ようするに社会に出られないというのは、ストレスに弱いからなのか、疲れるから嫌なのか、理由はわかりませんが、自分自身でセーブをしているという意味もあります。

 

こうした生活スタイルの中にいることで、ストレスとは無縁の生活を送ることができます。

 

もともと大人っぽい顔立ち、老け顔という人ももちろんいますが、人はストレスを全く受けない状態だと肌の老化を大幅に遅らせることができるわけです。

 

どうしてストレスを受けると老けが加速するのか

 

『ストレスで老けてくるわー。」

 

よく人が何気に使っている言葉ですが、これはある意味で真実です。

 

人は感覚的にストレスが老化を加速させる原因であることを知っているわけです。

 

ストレスを受けることで神経組織に影響を与えます。

 

老化とは主に栄養失調などお関係しますが、活性酸素が大きなウェイトを閉めていると言われているのです。

 

活性酸素は細胞にダメージを与えて細胞を破壊します。

 

人は細かい細胞の集合体でできていますから、当然細胞が破壊され続ければ、新陳代謝が追い付かなくなり、老化の印象を決めるシワであったり、肌荒れ、シミといった原因を作るのです。

 

またさらにこうした事が影響して乾燥が進み、肌が無防備の状態となり、こうした時にシミができ、シワができという具合です。

 

乾燥して顔肌から脂肪が落ちてしまい、そしてシワができてしまうと、もう人からの印象はおばさんになってしまうのです。

 

ストレスを感じないことを意識する

 

今の世の中で、ストレスを感じないようにするというのは難しいです。

 

自分一人の価値観だけで世の中は回っていきません。

 

意識しないように 意識しないようにという意識がストレスになってしまったり、さらに人からの不快さはある日突然されるということも起きます。

 

まるでイライラとストレスが蔓延しているかのように、人から人へ流れていくわけです。

 

ただ、ここでストレスを感じてはいけません。

 

イライラをして自ら自律神経に影響を与えると、活性酸素増加ということになってしまうからです。

 

気持ちの中でスルーをすること、こういう人なんだと受け入れてしまうことも大切です。

 

そこにストレス反応を出すべきではありません。

 

さらにストレスを避け続けていた人は特にストレスに対する耐性が弱くなっているので、人よりも感じやすくなってしまうでしょう。

 

ストレス耐性をあげるということで、自らストレス環境に飛び込むのは得策ではありませんね。

 

なれるまでに時間がかかり、その間に受けたダメージは細胞へと蓄積していきます。

 

仕事をしている人なら当然ストレスから逃れることはできません。

 

嫌いな人の態度や言葉などなど気にしたらキリなく、心にダメージを与えてきます。

 

ただ、それを理由に仕事を辞めるわけにはいかないと思いますので、自分が変わっていくという選択肢を取ることになりますね。

 

例えば、相手のいいところを見ていこうとする心がけは、一つストレスを感じなくなるためには効果的です。

 

化粧品で老化の進行を遅らせる

 

科学が急速に発展してきていますが、まだ人は老化を止めることはできません。

 

意識では追い付かないところで、見た目年齢はどんどんと増えていきます。

 

そこで、化粧品をもっといいものに変えるという方法が一つ取れる策ではないでしょうか。

 

例えば、保湿力で選ぶとしたら、アンサージュという化粧品があります。

 

保湿力は格段に高いものです。

 

肌の乾燥が慢性化していると、肌の新陳代謝が邪魔されてしまい、肌トラブルが増えていきます。

 

たっぷりと肌に保湿を与えて、肌の生まれ変わりをサポートしてあげて下さい。

 

 

参照サイト:アンサージュ最安値キャンペーン

 

 

トップページへ戻る