2種類のニキビ跡と改善方法

 

ニキビ跡には次の2種類があります。

 

クレータ化したもの。
赤くかさぶたになったもの

 

クレーター化したものは真皮を傷つけてしまっている恐れがあるので、元に戻すのは非常に難しいですが、一般的な赤くかさぶたになったものであれば、正しいお手入れの元消すことが可能です。

 

 

お手入れ方法ポイントは、かさぶたに触って潰したりせずに自然に剥がれ落ちてくるのを待つことです。

 

 

ニキビ跡を早く消したい場合は、ビタミンCを積極的にとり、ビタミンC誘導体などが入った美白効果のある化粧品などを患部に使うと早く消えていきます。

 

最後は角質代謝を正常にする為、保湿を意識することが重要です。

 

仕事の都合などもあると思いますが、できるだけ湯船にお湯を溜めて、保温効果のある入浴剤を入れて、お風呂につかり身体を温めることをお勧めします。

 

 

保湿をしっかりと行うことで肌に受けるダメージを抑えるばかりではなく、
毛穴に皮脂が溜まらない状態を作っていくことができるようになります。

 

新たなニキビの発生を抑えて、肌のターンオーバーによってニキビ跡をキレイに治していくということです。

 

 

ニキビ跡を消したいからといって、間違えてもニキビ跡を潰すようなことをしてはいけません。ニキビ跡が深刻なクレーターとして肌の奥底までニキビが浸透してしまう恐れがあります。

 

こうなってしまうと皮膚科などへ行ってケミカルピーリングなど費用が掛かる治療を
うけなくては治らなくなってしまいます。

 

 

ニキビ跡を消すためにはしっかり毎日保湿をすることによって、少しずつニキビ跡が薄くなっていきます。毎日しっかりと保湿をすることはとても根気がいることですが、ニキビ跡を消して美肌を手に入れるためには止むを得ないですね。しっかりと保湿をして3ヶ月ほど経つと、ニキビ跡が薄くなっていくことを実感することができるでしょう。

 

ニキビ跡に悩む女性は特に多いですが、ニキビが跡になってもしっかりとお手入れをすることで消すことができますので安心して下さい。

 

 

ニキビ跡は過剰に気にせずにいつもよりしっかりと保湿をしてあげることで
キレイになっていきます。

 

 

トップページへ戻る