ニキビ跡でできるクレーターをターンオーバーで治せる?

ニキビによって出来るクレーターと言うものは、
ニキビを潰す事によって真皮部分が破壊され、窪んだままの状態となる事です。

 

クレーターになってしまう原因としては、ニキビが出来るとどうしても気になって潰してしまい、嫌なニキビを消した様な快感を覚えてしまう事が一番の原因となります。

 

その他には膿が溜まり過ぎて痛みがあるために潰さざるを得ないと言う場合もあります。

 

痛くて潰してしまった時に膿の他に血も大量に出てくるので、それだけでストレスになって他のニキビも潰したくなってしまいます。

 

最近の研究では初期段階の状態にある白ニキビは逆に潰してしまった方が良いと言う説が出ています。

 

しかし、潰した直後のケアの仕方を間違えて炎症を起こしたり、白ニキビではなく膿んでしまった黄ニキビだったり、強く潰してしまって真皮部分を破壊してしまったりと様々なリスクが伴うので、基本的には潰さない様にしてニキビ薬などを使って炎症を抑えて治療した方が良いです。

 

ニキビを潰してクレーターが出来てもその内いつか治ると思っていましたが、クレーターが出来てしまった場合、自分で治す事はかなり難しい事が分かりました。

 

クレーターを治療するには病院でレーザーなどによる処置が必要となる様です。

 

要はクレーターを作らない様にするにはニキビを作らない様にする事が大切なのです。

 

ニキビ予防には、肌の洗顔や保湿などのケアに加え、ビタミンCやビタミンBの摂取が必要となるので、毎日の洗顔をこまめにしたり、使い捨てのフェイシャルペーパーを使ったり、ビタミンのサプリメントを摂取したりすれば予防に?がるのです。

 

参照:イビサクリーム

 

 

トップページへ戻る