オートバイをさらに安全に楽しむ秘訣とは

オートバイはとても便利で、とても楽しい乗り物です。
それではオートバイの安全性はどうなのでしょうか。

 

やはり、自動車に比べれば安全性は低いでしょう。
自動車と違ってライダーはむきだしだからです。

 

ただし、安全運転を心がけることで、安全性を高めることは十分に可能です。

 

その方法をご紹介します。

 

まずは装備です。

 

ヘルメットは有名メーカーの、フルフェイスやジェットのものを選ぶことをおすすめします。

 

事故の際に頭部を守ってくれる唯一の存在ですから、
安全を買うと思って一定の品質のものを選びたいものです。

 

さらに、プロテクターやライダースジャケットを装着しましょう。

 

転倒や事故の際にライダーを外傷から守ってくれます。
靴もくるぶしまであるブーツなどが良いです。
胸部や背部を守ってくれるプロテクターもあります。

 

運転の際には、自動車の死角に入らないように心がけます。

 

また、二輪車は小さいので自動車から視認しづらいという問題があります。
そこで、自動車は自分に気づいていないと思って運転することが大切です。

 

たとえば右直事故が二輪では多くなります。

 

右折する自動車が、二輪車を見逃したり、もっと遠くにいると思ってしまうからです。

 

交差点では自動車の左側に隠れないようにする、
停止できるように心構えをしておくといった対策法があります。

 

 

トップページへ戻る